すべての老人が高い所に登っているわけではない!この重陽節の別種養生法、利点…-健康-haywire

すべての老人が高い所に登っているわけではない!このような重陽節の流行法は,よいことが多い…-王の健康は年の重陽、今また重陽、今日は中国の伝統的な祝日の重陽節です。重陽節は「老人の日」とも呼ばれ、多くの地方では「葉」「秋を踏む」という風習があり、人格を陶冶しているだけでなく、体を鍛えることができると考えられている。しかし、すべての老人が高い所に登っているわけではない。老人は高い所に登って心臓病や肺の病気をする高齢者があまり登山に適していない。山登りから体力消耗はわりに大きくて、血液循環を加速し、心臓の負荷を強め、狭心症、心筋梗塞を誘発しやすい。ある老人登高望远の情熱が高く、堅持して登山、それで良い家族連れの時を。また、関節炎と腰椎間盤が突出している患者と、断続的な障害者は登山をしてはならない。山に登る時の人の膝が往復しているので、険しい山道は膝の関節の摩耗が大きく、多くの高齢者が登山した後に膝の痛みが現れます。医学的な角度から言えば、長関節炎の患者が登山することを主張しない。深刻な骨粗粗病患者も、登山には適していません。断続的な葉は、足の動脈硬化によって発生したのが、患者は平地で1段の道のり(数百メートルから1キロまで)を歩いた後、足が重い、痛みが感じられるような感じがします。それ以外に、高齢者が登山する前に明らかな頭痛、めまい、こだわり、注意力が集中しないなど脳血管疾患の発症症状もなるべく登山しないようにしています。「天を天にかける」ということは、高い所に登る老人には適しない」。「天を天に落とす」というのは、感情が高く、意気が上がったり、落ち込んだりしたりすることが多い。叁国時期曹植の『美女篇」「見回す遺伝光採、若蘭次/ガス。」岳飛の『あかうきぐさ』にも「見上げる、あおむけに次/、壮誌が激しい。」言葉では表現情志、次/。現代は研究し発見して、天を仰いで次/利点。医学的観点から保健、規則正しいうたかたは、修養の運動ができる。次/が調ガス、怒り、運、修養。根気よく続けることができて、力を増加させることができて、非常に体が弱い年老いた人に対して、保健養生の効果があります。養生学者によると、秋の秋は空気がさわやかで、朝がいいと思っています。風邪を引いて風邪を引くのが悪くて、怒って何回も痰を吐いて、時には薬を飲まない。怒っている時は横になって、両腕にあげて、人はリラックスして、力をあげて、できるだけ終わりを延長して、利を出しています。午前9-11時、午後6時は中老年者の運動の最優秀時間。この時の気温が上がって、逆流現象で瀋積層が消えて、空気の底に有害ガスを徐々に、空気がきれい。郊外の野原、森林、川の川、そして静かな人がまばらな公園を選んで、しばらく音を立てて、五臓を呼んでいます。指導専門家:解放軍の305病院の副主任薬剤師、成都漢方薬大学の副研究員はこれを除いて、高い所に登って、酒を飲んで、菊を鑑賞して、菊を挿して、重陽の祭りを食べて、すべて重陽節の民間の風習です。これらの習慣の形成はまた伝統的な医学と人体と四季の認識に対して密接な関係があります。クリスマス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」唐代の詩人王維『九月九日憶山東兄弟」という詩を描いたイラスト茱萸のシーン。伝統は、装着茱萸は魔除け駆虫、風を取り除く散寒の効果。漢方薬として、茱萸果肉味酸、渋い緩い、性に用いることができる眩暈耳鳴り、腰のひざの痛み、内心の焦燥消渇などの病症。サンシュユ粥は1項の食療の方。取サンシュユ(茱萸の一種)肉じゅうご~にじゅうグラム、うるち米ひゃくグラムをきれいに洗って、の核に行って、うるち米に土鍋内と同じ粥を煮て、熟する時少し砂糖で。日服用いち~に回、さん~ご日は1つの治療のコース。が潤うの腎臓を補って、渋い精を集めて汗。適用して肝臓の腎臓の不足、こしけ、夜尿症、小便頻度など。発熱している間あるいは小便をして渋い者は食用にしてはいけません。菊の花:酒の酒は老化して、茶の葉を作るのは“重陽の日まで来て、また菊の花になります。”。」はっきりしているこの詩は非常に広く伝わっている。酒賞の菊は「菊の花」を見るだけではなく、「菊の花」を見るだけでなく、昔の人は菊の酒を飲み放題にしているように気をつけてください。この菊の酒をするのも難しくないと言えば、菊にもち米を加えて、自慢して、一般的な作り方によって新鮮な菊の酒を作ることができます。その味はさわやかで甘いですが、魚や目を明るくし、健やかな脳を持っています。菊の風を利用して熱を下げた効果を利用して、黒い炎の茶を添えて、慢性炎に対抗することができます。菊の1グラム、葉の葉、葉の葉、桔梗の各2グラム、甘草の0.5グラム。漢方薬の材料を研細いだけ1包みろくグラム予備分成。毎回取いちお湯を飲むバッグ醸造、毎日に~さん度。重陽の餅:意味は最も良くて、花の重陽の餅はまた“後押しの餅”、“葉の葉”、“葉の餅”あるいは“菊の餅”で、小麦粉で作られたお菓子で、アクセサリはナツメ、杏仁、松の木、栗、デザートに属して、肉を加えて塩味を作ることがあります。老人は重陽の餅を食べただけで腰が痛くなりません。だから毎年老人に花の花を食べさせて、老人がしっかりしていて元気がいいです。重陽の習慣の中で、重陽の餅を食べるのは欠かせないもので、「餅」と「高」の音によって、生活水準が一歩一歩上がって、家族の喜びを象徴している。重陽の餅の上に小さな赤旗を挿しても歴史の原因があって、唐代の時に昔の人は重陽の節に茶碗を挿して厄除けを避難する習慣があり、その後は赤い紙の旗を機に代わって、重陽の餅の上に挿しているのも避難を願うという意味です。しかし、重陽の餅は、高炭水化物や高脂食として、大量の空腹を食べることによって胃液が多く分泌され、不快になります。魚はもち米から作られているが,高齢者は消化を容易にしないので,多く食べるべきではない。胃腸の機能の悪い者は発酵した重陽の餅を食べることができます。甘い飽き感を増やすために、いくつかのこだわりが作られている中で、ラードや様々なナッツが入っています。高脂血症、動脈硬化症を患っている老人は、ラードを含んでいない重陽の餅を選んで、あっさりしたほうがいいと思います。源氏は、元の著者すべての権利侵害などの問題に関連して、必ず私たちと連絡してください!編集制作:医館君は重陽節が楽しかったので、いい感じがしますね!最も多くの児童薬の最も重要な使い方で、保護者は収集しなければなりません!

并不是所有老人都适合登高!这种重阳节另类养生法,好处多多…-搜狐健康    岁岁重阳,今又重阳, 今天是中国的传统节日重阳节。 重阳节又称“老人节”, 不少地方都有“登高望远”“踏秋”的习俗, 认为不仅陶冶情操,还可以锻炼身体。 然而,并不是所有老人都适合登高。   老人登高量力而行   有心脏病、肺部疾病的老年人不太适合爬山。因为爬山体力消耗较大,血液循环加快,会加重心脏负荷,容易诱发心绞痛、心肌梗塞。如若老人登高望远的热情很高、坚持要登山,那最好在有家人陪同的时候进行。   此外,关节炎及腰椎间盘突出患者和有间歇性跛行者都不宜登山。因为上山时人的膝盖需来回地屈伸,陡峭不平的山路会对膝关节的磨损较大,许多老年人登山后便出现膝盖疼痛现象。从医学的角度来说,不主张骨性关节炎患者登山。   严重的骨质疏松症患者,也不适合爬山。间歇性跛行是由下肢动脉硬化引起的粥样硬化斑块,患者在平地行走一段路程(数百米至1公里)后,感觉腿脚沉重、疼痛,下肢麻木无力,以至跛行,必须休息一下才能再走,非常不适宜登山。   除此之外,老年人登山前如有明显的头痛、头晕、头胀、注意力不集中等脑血管疾病发病症状也尽量不要登山。   “仰天长啸”利养生   不适合登高的老人,不妨尝试“仰天长啸”。   “仰天长啸”多为情绪高昂、意气风发的神态,或排遣郁闷,或抒发情感以明志。叁国时期曹植的《美女篇》就有“顾盼遗光采,长啸气若兰。”岳飞的《满江红》中亦有“抬望眼,仰天长啸,壮怀激烈。”的名句,用长啸以抒发情志。现代研究发现,仰天长啸好处多多。   从医学保健角度看,有规律地啸,是养气的运动良方。长啸能调气、生气、运气、养气。持之以恒,可增气力,强健五脏六腑,特别是对气虚体弱的年迈之人,有保健养生之效。      养生学家认为,秋高气爽之时空气清新,宜于晨啸。有点伤风感冒不适,吼啸几声吐去几口痰,有时不药自愈。吼啸时要仰面朝天,双臂上举,人放松,使足力气放声,尽量延长尾声,以利吐净秽气。   上午9-11时,下午2-4时是中老年人锻炼的最佳时间。此时气温渐升,逆流层现象消失,沉积在空气底层的有害气体逐步散去,空气较为洁净。选择郊外旷野、森林、河边以及地静人稀的公园,一阵放怀长啸,喊出五脏浊气。      指导专家:   解放军305医院副主任药师 庞浩龙   成都中医药大学副研究员 蒲昭和 除此之外,登高、饮酒、 赏菊、插茱萸、吃重阳糕, 都是重阳节的民间习俗。 这些习俗的形成又与传统医学 对人体和四季的认识有密切的关系。   茱萸:   戴可辟邪,食可温补      遥知兄弟登高处,遍插茱萸少一人。”唐代诗人王维在《九月九日忆山东兄弟》一诗中,描绘了插茱萸的场景。   传统认为,配戴茱萸有避邪驱虫,祛风散寒的功效。作为中药,茱萸果肉味酸、涩,性微温,可用于眩晕耳鸣,腰膝酸痛,内热消渴等病症。   山茱萸粥是一款食疗方。取山茱萸(茱萸的一种)肉15~20克,粳米100克,将之洗净去核,与粳米同入砂锅内煮粥,熟时稍加白糖即可。   每日服用1~2次,3~5日为一个疗程。可以补益肝肾,涩精敛汗。适用于肝肾不足、带下、遗尿、小便频数等。发热期间或小便淋涩者不宜食用。   菊花:   泡酒抗衰,制茶清咽      “待到重阳日,还来就菊花。”孟浩然的这首诗句流传甚广。饮酒赏菊可是古人在重阳节的保留项目,请注意,“就菊花”可不光是看,古人还将菊花泡酒畅饮。   要说做这个菊花酒也不难,用菊花加糯米、酒曲,按一般的酿制方法就可以制得一坛清新的菊花酒了。其味清凉甜美,有养肝、明目、健脑、去痿痹、延缓衰老等功效。   利用菊花散风清热的功效,配个玄参甘菊茶,还能对抗慢性咽炎。菊花1克,玄参、麦冬、桔梗各2克,甘草0.5克。将药材研成细末分装成每包6克备用。每次取1包热水冲泡饮用,每天2至3次。   重阳糕:   寓意最好,步步登高      重阳糕又叫“撑腰糕”、“花糕”、“发糕”或“菊糕”,是用发面做成的糕点,辅料有枣子、杏仁、松子、栗子,属于甜品,也有加肉做成咸味的。老人吃了重阳糕就不会腰酸背痛了,所以每年要给老人吃重阳糕,让老人腰杆硬朗精神好。在重阳习俗中,吃重阳糕是必不可少的一项,因为“糕”与“高”谐音,寓义生活水平步步升高,象征合家欢乐吉祥如意。   重阳糕上插小红旗也有着历史成因,唐代时古人就有重阳节插茱萸避难消灾的习俗,后用小红纸旗代替茱萸,插在重阳糕上也是祈求避难消灾的意思。      不过,重阳糕作为高碳水化合物及高脂食物,大量空腹食用易造成胃液过多分泌,引起不适。花糕由糯米制成,老年人不易消化,不宜多食。胃肠功能不佳者可食经过发酵的重阳糕。   为增加甜腻感,一些花糕在制作过程中会掺入猪油以及各色坚果。患有高血脂、冠心病的老人应选择不含猪油的重阳糕,以清淡为宜。   来源:寻医问药社区、钱江晚报、人民网健康时报   版权归原作者所有,如涉及侵权等问题,请务必与我们联系!   编辑 制作:医馆君 重阳节快乐,觉得不错点个zan吧!   往期精彩推荐   浙大儿院医护真人实拍,15种常见儿童药最靠谱用法,家长必须收藏!相关的主题文章: